人気ブログランキング |

単体露出計を使ったフィルム撮影

普段はフィルムの広いラチチュード(プラスマイナス1段程度の許容範囲)に助けられている「自己流カン露出」。

今回、セコニックのデジタル単体露出計「L-478D」、スポット測光ファインダー「ビューファインダー5度」

を使用し、都心からウォーターフロントアート街の陽光眩しい週末をフィルム全コマ測定・撮影してみました。

(測定方法は、「暗部と明部」、「標準反射18%グレー」を都度探し3点測定。標準18%グレーは場合により
「手のひら」で測定し、適正露出値を自動算出、その値をライカM4に設定。スマホ同様にタッチパネルなので、操作は楽です)

それでは一気に...
(都内どこでも乗り捨て可能なシェアサイクル「ちよくる」を利用して周りました♪)

d0339617_07485111.jpg



d0339617_07485531.jpg



d0339617_07485530.jpg

(以上、丸の内)


d0339617_07485382.jpg



d0339617_07485391.jpg



d0339617_07485448.jpg



d0339617_07513496.jpg



d0339617_07485703.jpg



d0339617_07513507.jpg

(以上、品川)



d0339617_07485604.jpg



d0339617_07485799.jpg



d0339617_07513946.jpg



d0339617_07513713.jpg



d0339617_08291535.jpg



d0339617_08291493.jpg



d0339617_07513712.jpg



d0339617_08291536.jpg



d0339617_07513855.jpg



d0339617_08291679.jpg



d0339617_08291713.jpg



d0339617_08401744.jpg



d0339617_08291755.jpg



d0339617_08291921.jpg



d0339617_08291875.jpg



d0339617_08291871.jpg



d0339617_08401782.jpg

(以上 天王洲アートスペース)


d0339617_08340681.jpg



d0339617_08340726.jpg



d0339617_08340738.jpg



d0339617_08340861.jpg

(以上、芝浦〜東京レインボーブリッジ)

all pics taken with Leica M4 / Summilux-M 50mmF1.4 / Fujifilm C200



★全コマ撮って出しです(無加工)★

結果はご覧の通り、非常に良好でした。

しかも想定以上に良かったんですね。特に注目していただきたい点が(半)逆光や物陰の暗部。

普通にカメラの露出計(中央部重点または平均測光)を頼りに撮ると間違いなく潰れてします(適度に補正を入れても明暗バランスに限度あり)。

今回は明部もスポット測定していますので、最終的に写真全体の露出が適正化され、更には色再現も非常にナチュラルになりました。

これほどまでに違いがでるとは... 写真を専門に勉強された方からすれば当たり前でしょうが、目がテン状態です(笑)

因みにこの露出計はデジタルカメラにも活用でき、「絞り」と「シャッター速度」をスポット測定し、適正な「ISO感度」を算出してくれます。
また、NDフィルターもプロファイルで用意されており、これからの光が強い季節に常用するNDフィルターの露出管理が非常に楽になりそうです。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

©️ 2012 - 2019 心のカメラ@hasseleica

トラックバックURL : https://hasseleica.exblog.jp/tb/27540106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hasseleica | 2019-04-07 19:06 | カメラ | Trackback | Comments(0)