Kodak T-Max P3200 試写①

d0339617_05222517.jpg




d0339617_05222664.jpg

Shiodome
Leica MDa / Super Angulon 21mmF3.4M / Kodak T-Max P3200(ISO800)

フィルムがどんどん衰退していく中、復活したP3200。

ISO3200迄増感しても粒状性を確保されるとのことですが、

ファーストインプレッション(試写)として、まずは標準のISO800で。

いきなり明暗差の大きい空(曇り空)と高層ビル、そして手前の木々をいれてみましたが、

粒状性も良く、階調も滑らかでT-Max400と相違ない印象を受けました。

如何でしょうか?^^;


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

©️ 2012 - 2018 心のカメラ@hasseleica

[PR]
トラックバックURL : https://hasseleica.exblog.jp/tb/27174054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by voyagers-x at 2018-10-20 11:12
おはようございます!!
フィルムで撮る写真の良さは僕個人としては自然体に撮ること画出来るし、変に写真に多くを求めない姿勢になれることかな。デジタルで撮影すると、変にもう少し露出がとかピントがとか完璧製を追い求めてしまいます。
フィルムの確保、現像料金問題、などがクリアーできたらいつでもフィルムに戻りたいような気もするけど.......。
ある程度デジタルでの自分の撮り方が固まってくると、なかなか後戻りできないですね

Commented by hasseleica at 2018-10-20 16:02
voyagers-xさん
おっしゃる通りですね。
フィルムの良さは肩肘張らずに、気軽に撮れることですね。ただ、頭は使いますよ!カン露出とは言え、記憶データベースを逐次検索しますので(笑)それ程容量ありませんけどね...^^;
by hasseleica | 2018-10-20 06:30 | 気ままなスナップ | Trackback | Comments(2)